うつわHOUSEの器-藤田佳三

今月に藤田佳三さんの作品が入荷しました。今回は酒器多めにつくっていただきました。ですが、あっという間に旅立っていきました。当店でも今年はじめから感じていましたが中国の人の間で人気が再燃しているようです。

酒器は1点1点異なるものが多く選ぶのが面白いです。今はほとんどないですが、こちらでご紹介するもので興味もたれましたらぜひ次の機会にお越しください。

安南手酒呑

平たく曲げられた面に描かれた鳥が、この横長のキャンパスの中で羽ばたいています。安南手の短胴の形とあいまって、独特の存在感を放ちます。

染付酒呑

少し黒みがかっていますが、実際には安南手と同じ青みです。その青みも、墨が青く発色したような幽かさで、この余白の妙とあいまって軽やかな幻想のような存在感です。

染付片口
紅安南片口
紅安南輪花鉢
紅安南飯碗
紅安南酒呑
紅安南酒呑

藤田さんの作品の入荷はインスタグラムより先にブログでお知らせしようと思います。これからも時々のぞきにきてください。

福岡の器屋 うつわHOUSE(うつわはうす)-藤田佳三